Novakid 中学生

ノバキッドがなぜ中学生にも良いのか?お勧めの理由は絵本です

 

「Novakidで中学生を学ばせようか?」気になりますよね。

 

本来なら年齢も大切ですが、英語初心者かどうか? で考えた方が良いと思います。英語初心者は身体は大きくても英語は赤ちゃんです。

 

そう考えるとNovakidはゼロから学ぶことができ、しかもレベルに応じて中学・高校の英語まで学べます。

 

もし英語が好きなり、英語を伸ばしたいな〜とお考えの中学生はいますぐNovakidの初回無料体験をされてくださいね。

 

<1回940円 月額3,760円 割引有り>

 

公式サイトはコチラ

 

ノバキッドがなぜ中学生にも良いのか?お勧めの理由は絵本です【理由】

 

Novakidに私が着目した理由はもっと別の点からです。

 

普通、どたたも英語はThis is a pen.のように全く初めから学びます。体は大きくても英語が初めての人はabcからです。

 

最近思うことは英検1級なら

独学でアメリカ、イギリスの「絵本」をたくさん音読し、CDで「絵本」をリーディングすれば合格できることです。

 

つまり絵本は幼児用と思って人が多いのですが、本当は中高校生はもちろん、大人も絵本で英語を覚えた方が良いと思います。

 

絵本は楽しい物語ですが、実は英検1級のフレーズや単語がたくさん入っているのです。

 

最近、大人も英語を習得したいなら絵本を音読+リスニングしたらいかがですか?と説明する方が多いです。

 

私もその一人です。私はこのサイトの中で沢山の絵本を読んで英語を伸ばす方法を書いていますのでご覧ください。

 

Novakidの内容が良いので、中学生もNovakidが良いのでは〜と思うのは、そこから来ているのです。

 

英語の絵本は大人も読んだほうが良いし、Novakidも本当は中学だけでなく、可能なら大人でも相談して受講させていただくだけの価値があると思います。

 

 

ノバキッドがなぜ中学生にも良いのか?お勧めの理由は絵本です【具体例】

英語の学習が続く人は英語が好きです。

 

Novakidはまず第一に英語が好きなる方法を取っています。つまりこれは絵本と同じです。Novakidは英語を好きになる方法からスタートします。

 

絵本は絵の中を目で見ると状況が把握できます。だから英語が理解しやすい仕掛けになっています。

 

Novakidも同じ状況をイラストと先生のボディランゲッジで知らせます。

 

ここには日本語の補足説明は入りません。Novakidの先生は日本語が話せなくても生徒は先生が伝えたい事を全部理解できる仕掛けができています。

 

手段は違いますが、絵本もNovakidも共通しています。

 

つまり英語は面白くないと続きません。Novakidは英語が好きになる方法を取っているので、ここで学べば英語が上達すると思います。

 

 

ノバキッドがなぜ中学生にも良いのか?お勧めの理由は絵本です【知りたい】

 

Novakidは年齢別の心理分析をしています。

 

もちろん人によって違ってきます。心理分析によって、先生は説明の仕方を変え、生徒が効果的に英語を覚える仕掛けにしています。

 

Novakidが好き〜という生徒さんが多いのはこのためです。

 

 

レベル0〜レベル4までの5段階

Novakidでは4〜12歳までの5段階の心理分析をしています。中学生の場合はこれらの分析は一応の参考にされてください。

 

中学生は別の心理分析をNovakidではしていると思います。

 

ただ4〜12歳までの心理分析はすごいです。子供の立場に立って、どのようにすれば役立つ教え方になるか本当のよく研究されています。

 

中学生がNovakidで学びたい場合、先生が英語の実力やタイプに応じた工夫を色々としてくれます。

 

 

ノバキッドがなぜ中学生にも良いのか?お勧めの理由は絵本です【まとめ】

 

私がどうしてNovakidで中学生も習えないか思ったのは理由があります。

 

自分の孫がもうすぐ小学5年生ですが、少しは英語はしてきましたが、その後は何もしないままになっていますので

 

孫がNovakidを小学5年生からする気になるか定かではありません。6年生になって習い始めても、もっと習いたいと思ったらすでに中学生です。

 

ですから、中学生になっても習えませんか? と問い合わせたら「中学生も習ってますよ」〜と回答をいただきました。

 

それで同じ状況の人もたくさん出てくると思いますので、ご説明した次第です。

 

補足説明

最近、YouTybeで見たある考えがあります。参考になりかもしれません。

 

それによると日本を占領したGHQが日本の占領政策として、日本人が英語を話せないようにさせる政策を取ったそうで、それで日本人が英語が話せないそうです。

 

こんな事を書いていました。本来はGHQは日本に共通言語として英語を話せるようにさせようとしていました。

 

実際、フィリピン、その他、多くの国がそのようにされました。

 

しかしGHQの調査では日本人は文盲率が非常に低く、国民全体が非常に高度な知識を持っている。

 

しかも外国の知識や情報を取り入れ、日本なりに組み直し、仕上げる力は世界でもトップランクだ〜と分かったのです。

 

もし戦後政策で日本国民が英語を話せるようにさせたら、アメリカよりも日本が格段に強くなる。

 

その為には日本人に英語を教えない政策を取ったそうです。

 

この話を聞いて、戦後〜今日まで70年を越しますが、あらゆる面で日本が強い国にならない為の占領政策をされて来ていますので、英語に関しては事実だと思います。

 

後藤直伸


-Novakid 中学生