絵本

「七田式の英語タッチペン」と「世界のおとぎ話」からペラペラになるまでの流れ

やさしい英語で読む「世界のおとぎ話」BEST20を実際に買ってみましたら、予想以上に良い本です。

 

中学生なら楽々読めると思います。小学生でも英検準2級を取りたい子は多いので大変良い本です。

 

英語でおとぎ話を読みたい〜方にうってつけですし、英語が上手になりたいお子様には大変良いと思います。

 

英検5級では少し無理かも知れませんが、英検3級なら問題なく読めるのではないかと思います。

 

もちろん英検準2級を取りたい人はこの絵本をどんどん読んでください。音読CD付きで、CDには色々な工夫がされ、大変良いと思います。

 

 

英語がペラペラになるには、このような絵本をどんどん読んで英検のトップ、英検1級を取ってはいかがでしょうか? 早ければ中学生の間に取れます。

 

ですから、この絵本は小学校1年で読んだ方が良いと思います。この絵本はリスニング+音読ができますが、もう一つ大事な方法をした方が賢明と思います。

 

それは、会話練習の 1日たった7分!魔法のペンで遊んでいるだけで私の子供が英語を話した!を同時に練習した方が良いと思います。

 

この教材で実力を伸ばせます。それだけでなく英語がペラペラになる方法や英検1級まで行ける方法をこの教材から学び取っていただきたい〜と思います。

 

その方法をこの、やさしい英語で読む「世界のおとぎ話」に応用すれば格段に良い結果になります。

 

 

 

「七田式の英語タッチペン」と「世界のおとぎ話」からペラペラになるまでの流れ【理由】

 

お子様もですが、けっこう、お母様方が気に入って読んでいます。大変読みやすいと評価は高いです。

 

CDより少し大きい本

サイズはCDケースより少し大きい位です。持ち運びを考えた作りをしています。それでも132ページも有ります。

 

20種類のおとぎ話を要約してます。一つの話は200語です。あまり長いと飽きが来る子もいますので、ちょうど良い長さです。

 

大人でもまだ知らないお話が入ってますので、結構、楽しめると思います。

 

 

リスニング+音読でトップランクになる

 

英語力をアップする本です。お子様はCDを活用してリスニング力を付ける事が出来ます。

 

リスニングにこれほど力を入れているとはスゴイです。会話力の伸ばすにはリスニングが非常に大事だからです。

 

ネイティブの発音ですから非常にキレイで、イントネーションもさすがネイティブの素晴らしさです。

 

 

表紙の右上に「音読」と書いています。すごいです。最も英会話の力が上がる方法をとっています。

 

 

 

 

「七田式の英語タッチペン」と「世界のおとぎ話」からペラペラになるまでの流れ【具体例】

 

 

英語のレベルは中学生レベルのようですから英検3級〜準2級くらい用です。日常会話に使う単語ばかりで分かりやすい。

 

言い回しも、分かりやすい表現を使ってます。

 

CDで聞くナレーションのスピードはおとぎ話ですから、かなりゆっくり目です。これくらいで丁度良いと思います。

 

しかし英検や実際の会話ではもっとスピードが早いですから、その練習をした方が良いです。

 

 

リスニングに注意点が有ります。

 

女性のナレーターの声が聞きとりにくいと言うお母様がいると思います。しかし女性ナレーターの言葉は非常に正確です。

 

なぜ聞き取れないのか? 〜その理由は英語の周波数が日本語の2倍も高いからです。

 

1歳〜6歳まではこの高い周波数を聞き取れますが、年齢が行くほど聞き取れなくなります。

 

ですから、このCDを何度も聞いて高い周波数を聞きとる練習をされてください。

 

出来るだけ幼いうちから英語を聞く事が非常に大事なのはネイティブの高い周波数を聞きとる力を持つ為です。

 

 

 

「七田式の英語タッチペン」と「世界のおとぎ話」からペラペラになるまでの流れ【知りたい】

 

この絵本とCDを使ってどうやって英語を覚え、会話力を上げれば良いか

 

おとぎ話のストーリー興味が湧きます。楽しく英語を覚えるのにとても良い絵本です。

 

この本の作者は英語の事を非常に研究されています。それはCDを見て別りました。

 

CDは英語を2回ながします。その次に日本語を2回流します。つまり2回ずつ同じ文を流すことで理解力を上げる方法をとってます。

 

確かに1回では浅くしか理解できないので、英文を見ながらCDの英語を2回聞き、それから英文を見ながら日本語を2回聞きます。

 

合計4回、CDから聞きます。そのあと、自分で音読します。音読が大事です。毎日CDを繰り返し、7日間、音読をこれを繰り返してはいかがでしょうか?

 

3〜4日目で完全につまずかないように読みます。意味をよく理解してないとつまります。7日目に完成です。

 

CDで英語を行く時、どこで区切るか、チェックし、発音もまねます。イントネーションもそっくり真似てください。

 

1週間で全て覚え、スラスラ言えるようになるのが目的です。

 

 

 

 

「七田式の英語タッチペン」と絵本「世界のおとぎ話」の組合せで効果【まとめ】

 

この絵本を活用してもっと会話力、英語の総合力を付けることが出来ます。

 

それは、会話練習の 1日たった7分!魔法のペンで遊んでいるだけで私の子供が英語を話した!を同時に練習する方法です。

 

この教材は簡単に七田式の音声ペンと言いますが、これは遊びでたくさん会話練習が出来ます。

 

七田式の音声ペンでは音声のスピードを変えています。実はCDのスピードによって英語が頭に入るのが全く違ってきます。

 

その方法を活用して、このおとぎ話のCDのスピードを変えて練習したら格段に英語力が上がります。

 

毎日練習していると脳が慣れっこになって、上の空で聞きます。しかし七田式の音声ペンで方法ですると

 

耳・脳の集中力が極端に上がり、それが英語の記憶、会話に直接あらわれてきます。

 

この絵本はリスニング+音読を狙ってます。すごく良い教材です。七田式の音声ペンと通じる点が有ります。

 

この二つの教材・絵本の方法で練習を続けることにより確実に英語がペラペラになり、英検は準2級から1級をとるのが目安です。

 

また、英検に通ってもTOEFLに通らないと意味がありません。実際の会話力はTOEFLです。この二つの教材から進めば達成できます。

 

そに他にもオススメの絵本が有ります。下記をご覧ください。

 

-絵本