オンライン

【七田式の英語タッチペン】と 「学研オンライン」どちらが良い?


子供の英語は学研のオンラインが良いか? それとも七田式の音声ペンが良いのか迷うと思います。

 

結論として、どちらもその分野のトップですからどちらで進んでも良いと思います。

 

もちろん両方ともする方法がありますが、基本的にはどちらかを柱に置くか決める必要があります。

 

どちらも英語がペラペラになり、英検も取れます。多くの人が学研のオンラインを選ぶと思います。果たしてその選び方が良いのでしょうか?

 

どちらを選ぶかで、相当に方向が変わって来ますので、下記を読んで決められた方が良いと思います。

 

もし学研オンラインを選ぶのでしたら、安全パイに七田式の音声ペンをご購入されていた方が賢明と思います。

 

相乗効果になり非常に良い結果につながると思います。

 

注意:七田式の音声ペンのご購入で3日間限りの特典は、楽天では付いていません。このボタン(七田公式ページ)からの限定です。

 

 

 

【七田式の英語タッチペン】と 「学研オンライン」どちらが良い?<理由>

 

1)学研のオンラインは大変良い内容なのでお勧めします。

 

そして大変無難です。オンラインでも幼児・小学生から取り組みやすい方式です。

 

ただ高校・大学に進む場合、意外と七田式の音声ペンの方法で、私がこのホームページで説明する人の方が、恐らく英語ではトップクラスに進む人が多い〜と思います。

 

なぜなら、七田式の音声ペンで進もうと決意した人の方が、太い幹を育てる事ができ、英検もトップランクを余裕を持ってとる人が多いと思います。

 

2)学研オンラインと七田式の音声ペンを知っている人は

 

万が一になっても、もっとも良い進路を選べます。

 

学研オンラインだけしか知らない人は、それで上手く行かなかったら、それからの進路変更は難しいです。

 

しかし七田式の音声ペンを持っているので、その気になれば、もっと規模の大きい英語通うに多様を育てる事ができます。

 

 

3)まず下記をお読みください。

 

その後で、このページの一番下の赤いボタンを押してください。

 

そこにはお母様が決してみたことがない、すごい秘訣を書いています。これでお子様をトップランクにする方法が分かります。

 

この方法は、現実に今、英検1級やTOFELで最高点を取り、アメリカの大学院に入っている人などは、このページで書いている方法を推奨すると思います。

 

 

お母様はお子様の英会話をネットで色々調べたと思います、七田の英語タッチペンもネットには色々な教材があり、オンラインもあります。

 

どれが良いか、調べれば調べるほど分からなくなると思います。

 

提案が有ります。最終的に七田の英語タッチペンなのか、学研kiminiなのか?に絞り込んではいかがでしょうか?

 

 

ここでちょっと自己紹介します。

 

私は仕事で50年間、英語を使っています。英語が無かったら世界を相手に仕事は何もできなかったのです。

 

その経験から、色々ご説明します。実は私は孫の英語があり、色々と調べている事をここで書きます。

 

優秀なお母様は、七田が「自宅で一人で遊びながら英語を身につける」〜とお分かりと思います。

 

学研kiminiはオンラインです。オンラインで予習・復習、フィリピン人講師と楽しい英会話練習をします。

 

さ〜お母様、どちらが良いでしょうか? お母様が良いな〜と思う方で良いと思います。

 

ただ私なら両方を選びます、ただし順番にします。2〜3歳児に学研kimini をしますか?

 

学研Kiminiは基本的に小学生からか早ければ、4〜6才からでも良いかも知れません。

 

 

お母さまは次の判断が必要と思います。

1)お子様は幼児でしょうか?

2)それとも小学生ですか?

3)小学何年生ですか?

4)今まで英語は何か練習しましたか?

 

つまり年齢に応じてステップを踏む方法もあるな〜と思います。またこれまでどんな英語をしましたか?

 

あれこれやった上で、年齢的にもオンラインさせたい〜と思うときはオンラインで良いと思います。

 

例えばまだ何も英語をしてないなら、幼児ならDVDを選ぶ人が多いと思います。

 

あるいはタッチペンで、初歩的な単語を楽しく遊びながら覚える教材が良いと思います。

 

それとも、持って本格的な英会話を遊びながら覚えさせたいなら確実に七田の英語タッチペンが良いと思います。

 

 

オンラインの問題点は「発音とイントネーション」です。フィリピン人を採用している場合が多く、できればネイティブが確実に良いです。

 

ネイティブのアメリカ人が講師なら確実に良いですが、値段が高くなると思います。

 

とは言っても費用を考えるとフィリピン人で行くしか無い〜と言う人も多いと思います。

 

となるといきなり最初からフィリピン人で行くより、市販の教材でネイティブの発音や英文を脳に入れた方が良いと思います。

 

最初に入れた発音・英文が基本です。後からネイティブに入れ替えようとすると、一生掛かるかも知れません。

 


幼児の場合、必ず七田の英語タッチペンです。

 

幼児の英語教材はタッチペンにするかDVDにするか、どちらかだと思います。

 

DVDを買った事ある人もいると思いますが、それでは天井が低いと思います。DVDにすると逆に内容が狭まります。

 

七田の英語タッチペンは2〜3歳児が遊びで使いますが、それで遊んでいる内に小学6年生を追い越す英語フレーズがどんどん口から出て来ます。

 

どの教材でもここまでの事は出来ません、DVDなら尚更無理です。

 

 

幼児は遊ぶ事で英語が自然に身につきます。

 

これは大変な事で、実は学習よりも、遊びの方が早く英語が脳に入ります。

 

遊びの方が、脳に英語が定着するのも非常に良いです。

 

 

学習は左脳です。

 

これですと英語を左脳に入れようとしますから、お母様がご存知のように、誰でも脳に英語を入れるのは大変です。

 

なかなか左脳に入りません。ところが遊びでは目と耳で一瞬に「右脳」に入ります。

 

繰り返します、「一瞬で入ります」。

 

 

【七田式の英語タッチペン】と 「学研オンライン」どちらが良い?<具体例>

 

もう一つ大きな問題があります。3歳児と小学3年生とどちらが早く英語を覚えると思いますか?

 

実は3歳児の方が格段に頭に入ります。3歳児が人生で一番英語を覚えます。

 

だから幼児から英会話をさせた方が有利ですよ〜とか、遊びで、英会話がボンボン頭に入りますよ〜と言うのはこの為です。

 

人生で脳は3歳が一番スポンジのように知識を吸い込み、年齢が行くほど、その力が落ちます。

 

 

3歳児が日本語を話します。

 

同じように英語を話せたら良いのではないでしょうか?七田の英語タッチペンには、なんと1200も単語が入ってます。

 

大人でも単語が2000あれば、日常会話が出来ますから、すごいと思いませんか?

 

2歳から始めたら5歳には、すでに1200の単語は全部、右脳に入ってます。それが必要に応じて出て来ます。

 

別にお母様が教えなくても、英語タッチペンが驚くほどお子様に教えてくれます。お子様は勝手に英会話を覚えたのです。

 

2歳から始めれば小学1年生の頃には、小学6年生を追い越しています。

 

 

例えば、学研Kiminiを小学4年生から始めたても、小学6年生までに七田の英語タッチペンに追いつくか疑問です。

 


 

 

【七田式の英語タッチペン】と 「学研オンライン」どちらが良い?<知りたい>

 

では学研 Kiminiは不要か? お考えください。

 

実は七田の英語タッチペンをほとんど全部、覚えた段階のお子様が学研Kininiを受けてはいかがでしょうか?

 

七田の英語タッチペンですでに1200もの単語を知ってます。英語の700ものフレーズをほとんど言えます。

 

すごいでしょう〜! 中学生でも追いつかないほど、すごい事ですよ。

 

その段階で学研Kiminiでフィリピンの先生と英会話を実際にします。もちろん費用は高くなってもネイティブを話すアメリカ人で有れば一番良いです。

 

小学1年生〜6年生までいつでも良いですが、出来るだけ1年生から3年生の間に開始してはいかがでしょうか?

 

だんだん慣れると、どんどん英語で話し出します。フリートークが色々と組まれていますので、どんどん会話力を高めてはいかがでしょうか?

 

すごいレベルに進めます。決して小学4年生にKiminiを始めたお子様に追いつかれる事はありません。

 

お母様はすでにこのサイトで私が書いた色々な記事を見たと思います。

 

これからの社会は今まで以上に英会話が仕事の中心となります。決して日常会話レベルで満足しないでください。

 

どんな仕事であれ、英単語は50,000語必要です

 

日本語も大人は50,000語を使います。英語も大人は50,000語を使います。

 

これだけの単語を自由自在に使って、会社であらゆる討論に打ち勝つ英語力が必要です。

 

どんな些細な表現も聞き逃さず、みっちり英語で表現出来る必要があります。

 

しかも高校を終わるまでに、それだけ出来る必要が有ります。

 

 

大学はアメリカに行く人も多いと思います。出来るだけアメリカに行った方が良いです。

 

大学ではディスカッションでアメリカの学生に打ち勝つ練習をしてはいかがでしょう。

 

ハーバードではこの授業を非常に大事にしています。大学を出て企業に勤め、すぐれた仕事をするには、英語でディスカッションする力が必要です。

 

それを本場のアメリカで身につける事が大事です。理工学系に進むのであれば、世界トップの技術者と英語でディスカッションする力が必要です。

 

これからの社会で仕事をするには、英語の日常会話くらいでは役に立ちません。

 

ですから、例えですが〜

 

幼児(0歳でも1歳でも2歳でも)から七田の英語タッチペンをはじめれば、3歳の時は英会話が口から出ます。

 

6歳では七田の英語タッチペンはほぼ完全に習得しています。しかもネイティブの発音や文章は大量に頭に入ってます。

 

この段階からオンラインをされると、費用対効果は非常に良いと思いますが、お母様はいかが思いますか?

 

 

この後は学研Kiminiに進まれてはいかがでしょうか?

 

ここで実際に会話を繰り返し、高度な英語がどんどん話せるようにしてはいかがでしょうか?

 

お子様の将来は無限大です。お母様がいつ、七田の英語タッチペンをスタートさせるかに掛かっています。

 

無理に勉強させる、無理にコースに進ませるのではなく、英語を学ぶ環境を作っていたら、非常に高度なコースに進めます。

 

どのコースに進むかはお子様が判断しますが、お母様が下地を作る事は非常に大事です。

 


お子様は今、何歳ですか?

 

今ずぐ七田の英語タッチペンを始めませんか? お子様の人生はすでに始まり、どんどん時間が進んでいます。

 

1日も早い方がお子様に有利です。上のシールを押して、七田のページにお進みください。

 

中にお申し込みのボタンが有ります。3〜4日後にはご自宅に届き、お子様が大喜びで遊び出します。

 

きっと後悔しません。間違いなかった〜と後で思うはずです。

 

 

 

 

【七田式の英語タッチペン】と 「学研オンライン」どちらが良い?<まとめ>

 

七田の英語タッチペンと学研Kiminiを選んだ理由は予習・復習です。

 

七田の文章は多くの教材の中でも最も文章が多い、なんと700文も有ります。

 

英語は単語を並べても文章になりません。逆に文章を覚えれば、その中にたくさんの単語が入ってます。

 

七田では1200も入ってます。小学生が教科書で覚える2倍入ってます。

 

遊ぶ度に予習・復習を繰り返し、遊べば遊ぶほどグイグイ脳に入ります。

 

 

七田の音声タッチペンには400%学習法が有ります。これは4回復習する方法です。

 

5〜6才以上はこれを使うと、驚くほど頭に入ります。

 

 

学研Kimini は予習機能、復習機能があります。

 

オンラインで先生と対面し、練習をする前に、必ずコンピュータ、タブレットで予習があります。

 

そしてオンライでの練習が終わったら、必ずコンピュータ、タブレットで復習があります。

 

つまり毎回3度、同じところを学びます。これが非常に効果が有るのです。

 

つまり垂れ流しになったら、残るものを非常に少ないのです。極力、脳に英語が残る仕組みが大切です。

 

 

どうやれば英語がペラペラになり、英検1級まで取れるか〜

 

それについて要点をまとめています。下記のページをご覧ください。

 

幼児・小学生が英語ペラペラになる最も速く・確実な方法【まとめ】

 

英語ペラペラの方法

 

 

 

 

-オンライン